【4/5開催】Facebookライブによる「開発と平和のためのスポーツの国際デー」記念アクション


「気候変動は私たちの対策を上回る勢いで進んでおり、私たちは手遅れになる前に、できるだけ早くこれに追いつかなければならない」アントニオ・グテーレス国連事務総長は2018年12月3日、ポーランド・カトヴィツェで開催された気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)でこう警鐘を鳴らし、気候変動に対する取り組みを促しました。 そしてCOP24では、スポーツ団体が国連と共にSports for Climate Action Framework(スポーツを通じた気候行動枠組み)を立ち上げ、チーム、選手、ファンを結集してパリ協定の目標達成に向けた意識と行動の強化を図ることになりました。東京2020組織委員会をはじめ日本からも様々な団体が設立メンバーとして署名しています。 このことを受け、今年の「開発と平和のためのスポーツ国際デー/ International Day of Sport for Development and Peace / IDSDP(4月6日)」の記念アクションとして、国連広報センターは以下の要領でFacebookライブ(ライブ動画配信)を実施し、スポーツを通して私たちができる気候行動を考える機会とします。ライブ中に視聴者から質問を募ることで双方向のイベントとします。コメントや質問には “#SportsSDGs” を付けて投稿して下さい。是非とも取材・拡散頂きますようお願い申し上げます。

開催概要

|日 時|2019年4月5日(金) 17時から約40分間

|場 所|地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

|主 催|国連広報センター

|共 催|一般社団法人 グリーンスポーツアライアンス

|協 力|(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、 朝日新聞社、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

プログラム(予定)

17:00~約40分

■室伏広治 スポーツ・ディレクター(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 

■星野智子 運営委員 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

■「スポーツを通じた気候行動枠組み」設立メンバーでCOP24に参加した佐野高校ラグビー部の部員(男女)

■根本 かおる 国連広報センター所長(ファシリテーター)

お問合せ・申し込み

国連広報センター( Tel. 03-5467-4451 または e-mail: unictokyosports※gmail.com  [※]は@に変更してメールをお送りください。)までお問合せください。