【7/1開催】ステークホルダー・ダイアログ「 ESD for 2030に向けたシナジー – Learn for our Planet, Act for Sustainability-」


国連大学サステイナビリティ高等研究所は、環境省とともに、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)のアウトリーチイベントの一環として、ステークホルダー・ダイアログ「ESD for 2030に向けたシナジー :Learn for our Planet, Act for Sustainability」を開催します。本イベントは、国連ハイレベル政治フォーラム2021(7月6日〜15日)にて、UNU-IASが主催するサイドイベントの事前イベントとして実施します。

2021年5月に開催されたユネスコESD世界会議に参加した専門家から、会議の成果やESD for 2030の議論に関する最新動向を共有し、ESD for 2030やSDGsの達成に向けて、政策の一貫性を高め、分野間の相乗効果(シナジー)を創出するための方策について専門家・実践者とのダイアローグを通じて検討を行います。また、本イベントは8月の国際ユースデー記念イベントの連動企画としても位置付けられています。

開催概要

|日時|2021年7月1日(木)17:30-19:30 (日本時間)

|主催| 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、環境省

|協力| ESD活動支援センター

|言語| 日本語、英語 (同時通訳あり)

プログラム

 

17:30-17:40

開会挨拶

  • 山口しのぶ UNU-IAS所長
  • 永島徹也 環境省大臣官房総合政策課長

17:40-18:10

国際動向

「ESDに関するユネスコ世界会議から」

 スピーカー:

  • アレクサンダー・ライヒト(UNESCO ESDセクション・チーフ)

Q&Aモデレーター:

18:10-18:30

国内動向

「ESD for 2030における日本の動向」

  • 堀尾多香(文部科学省国際統括官付国際統括官補佐

(日本ユネスコ国内委員会事務局))

  • 三木清香(環境省大臣官房総合政策課民間活動支援室室長)

18:30-18:40

具体事例発表

「ESDユースのアクション:具体事例から」

  • 廣木亮哉 (RCE横浜若者連盟)

18:40-19:25

ディスカッション&質疑応答

テーマ「ESD for 2030推進へのシナジー強化に向けて」

 

 モデレーター:

  • 星野智子(地球環境パートナーシッププラザ(GEOC))

パネリスト:

  • アレクサンダー・ライヒト(UNESCO ESDセクション・チーフ)
  • 三木清香(環境省大臣官房総合政策課民間活動支援室室長)
  • 廣木亮哉(RCE横浜若者連盟)
  • 野口扶美子(UNU-IASリサーチフェロー)

19:25-19:30

総括・閉会

 

参加申し込み

参加をご希望の方はこちらよりご登録ください。 (日本語・英語 同時通訳あり 

※事前登録が必要です。参加費は無料です。
※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。