【海外事例】Climate Change 2021: The Physical Science Basis


IPCCの第1作業部会(自然科学的根拠)の報告書。66か国から200人以上の専門家が執筆し、気候変動に関する最新の科学的知見をまとめている。

2001年の報告書では、温暖化の主な原因は人間活動である可能性が「高い」、とされたが、今回の第6次評価報告書では、「人間の影響が大気、海洋お呼び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない」。と書かれた。

また、将来ありうる気候の予想として、例えば「50年に1度の暑い日」と言われるレベルのものが、産業革命に比べて約1℃温暖化した現在、既に4.8倍、つまり「50年に5回」ほどの頻度で発生しており、今後も更に増えていくとされている。

 

IPCC執筆者の1人である江守正多氏によるYouTube解説はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=dLgGSI0G2SA

 

書籍情報

書籍名;Climate Change 2021: The Physical Science Basis
発行年;2021年8月
発行者;IPCC(気候変動に関する政府間パネル)
テーマ;気候変動